ニキビ跡 リキッドファンデーション

ニキビ跡はリキッドファンデーションで隠せない?3つの欠点

ファンデーション

 

あなたはニキビ跡が気になった時、いつも通りのメイクとして リキッドファンデーションを使っていませんか?

 

もしかするとニキビ跡が隠れるどころか、余計に悪化してしまう可能性もあります。

 

 

ニキビ跡をリキッドファンデーションで隠す!

 

ニキビ跡が気になった時も、まずはいつもの手順でメイクをすると思います。 そんな時は、まずはこんなところに気をつけてみてください。

 

 

肌色よりも少し濃い色のものを選ぶ。

ニキビ跡は、赤み、色素沈着、クレーターとタイプも様々ですが、 肌より明るい色のリキッドファンデーションを選んでしまうと、 かえって目立たせてしまうこともあります。

 

その為、どのニキビ跡タイプの方でもコレを守っていただければ、 少なからず目立たなくなります。

 

 

ニキビ跡にリキッドファンデーションを使うデメリット3つ

 

1.ニキビ跡だと思っていたのに、実はまだ治っていない状態だった

それに気づかずにリキッドファンデーションを使ってしまい、 バイ菌が入ってニキビが悪化した。 リキッドファンデーションを使う際に、スポンジを使用する方も多いと いますが、実はそのスポンンジには、多くの雑菌や細菌が住み着いています。

 

使うたびに交換している、毎日綺麗に洗っている方ならば、 そんな心配も少ないかと思いますが、もし何日も使い続けた菌の繁殖したスポンジで、治りきっていないニキビを擦ったとしたら、簡単に悪化する事も予想出来ますよね。

 

 

2.もともと肌が弱いニキビ肌の為、リキッドファンデーションを使うと新しくニキビが出来てしまう

ニキビが出来やすい方は、皮脂コントロールが上手くいかず、 皮脂が毛穴に溜まった状態になりやすいのが特徴です。 ニキビが出来る始まりは、皮脂による毛穴の詰まりです。

 

そして、詰まってしまった毛穴に菌が繁殖し、ニキビへと成長していきます。 リキッドファンデーションを使う事で、毛穴が詰まりやすくなってしまっては、せっかく隠したいニキビ跡を隠すどころか、新しいニキビを向かえる事となってします。

 

 

3.リキッドファンデーションの成分には色々な薬品が含まれている

沢山の種類が販売されているリキッドファンデーションですが、天然の素材を活かしている、肌に優しい、無添加・無香料など、様々な特徴を持っている商品もあります。

 

ただ、素肌に化粧品を乗せていくという事は、肌への負荷や、なんらかの刺激から、少なからず肌への負担があるのではないでしょうか。ニキビ跡を隠したいはずが、ニキビを作る引き金になる可能性は十分にあると思います。

 

 

リキッドファンデーションまとめ

 

たった一つのニキビ跡。それを上手に隠す事ができれば、悩みも解決し気持ちも明るくなれるかもしれません。 その際、もしリキッドファンデーションを使おうと思った時には、よく考えて
みてください。

 

あなたのお肌が何を望んでいるか、しっかり向き合ってあげてくださいね!

 

 

やっぱりニキビ跡を改善するのが1番!

ニキビ跡はリキッドファンデーションで隠すよりも、やっぱりナイ方が良いですよね。そこでオススメなのが、ニキビ跡ケアに評判の良いリプロスキン!

 

リプロスキンはニキビ跡に効果の期待できる成分が豊富に含まれていることはもちろん、次のスキンケアの浸透を良くするブースター効果もあります。ニキビ跡のお手入れもでき、美容液や化粧水の浸透を良くできるって、一石二鳥だと思いませんか?

 

賢いあなたなら、このお手入れ方法がいかに効率的か、もうお分かりですね?

 

送料無料のお得なコースでお試し!