ニキビ跡 赤み レーザー

ニキビ跡の赤みにオススメの治療|1番効くレーザー決定戦

レーザー

 

ニキビ跡の赤みや色素沈着などに悩む女性に画期的な治療として今、注目されているレーザー治療。

 

レーザー治療で誰もが知りたいニキビの赤みへの効果やリスク、レーザー治療の種類やクリニックの選び方について調べてみました。

 

ニキビ跡に効くレーザー治療はどれ?

 

ニキビには跡になりにくい白ニキビや黒ニキビ、跡になり易い黄ニキビや赤ニキビがあります。ニキビ跡の赤みで悩む人は後者のニキビで、これはセルフケアではなかなか治りにくいものです。

 

こういったニキビ跡の赤みにはレーザー治療が良く効くと評判なのですが、周囲に経験者を見つけるのは困難なのが現実。ニキビで悩む人は多いにも関わらず、クリニックにかかってまで治す人がいまだ少ないせいもあるのかもしれませんね。

 

世間ではニキビ跡の赤み程度で治療なんてという考えや、保険適用外のレーザー治療なんてという考えも強いのでしょう。

 

しかし、ニキビ跡の赤みにレーザー治療はかなりの効果を発揮するという話を聞けば、その内容を知りたくもなります。そこでニキビ跡の赤みに密かに悩む女性の為にレーザー治療を調べてみることにしました。

 

それでは以下に私が調べ、わかったことを紹介していきたいと思います。

 

 

レーザー治療の種類

 

ニキビ跡の赤みに1番効くと言われるレーザー治療を調べてみると、沢山名前が出てきました。

 

  • Vビーム
  • ブリッジセラピー
  • 炭酸ガス(CO2)レーザー
  • エルビウムヤグレーザー
  • ニキビ跡改善レーザー
  • クールタッチレーザー
  • イントラセル
  • フォトフェイシャル
  • IPL
  • ライムライト
  • クロモライト
  • パールフラクショナルレーザー
  • フラクショナルシステム(Er-YSGG・CO2・Er-Yag)
  • フォトRF
  • フラクセル2

etc

 

調べれば調べる程レーザー治療の名前が出てくるな、というのが私の感想です。レーザー治療の種類が沢山あるのかと思っていたら、メーカー毎に名称が変わる為、多くの呼び名が生まれてしまったようです。

 

名称は多いレーザー治療ですが、その内容は大きく3つに分けられます。

 

 

3つの治療方法

レーザー治療は「蒸散タイプ」「フラクショナルタイプ」「蒸散しないタイプ」の3つにわけられます。

 

「蒸散タイプ」と「フラクショナルタイプ」は表皮を削ったり、皮膚の深い部分(真皮層)に照射したりするレーザー治療です。ニキビ跡の凹凸を削り滑らかな肌にする、と考えてください。

 

「蒸散しないタイプ」とはインテンスパルスライト、略してIPLという光を皮膚に照射する治療で、光治療と言われるものです。

 

レーザー治療も光治療もニキビ跡に光を当てる治療なのですが、その効果や患者への痛みに違いはあるのでしょうか?

 

 

レーザー治療と光治療の違い

レーザー治療で「蒸散タイプ」は、皮膚表面、つまり表皮を削る治療なので痛みを伴う為、表面麻酔をして治療します。「フラクショナルタイプ」は皮膚の真皮層へ点状にレーザーを照射して治療を行うのでそれより痛みが軽減されています。

 

「蒸散しないタイプ」も肌に光を当て治療を行いますが、レーザー治療ではなく光治療というものです。よく一緒に紹介されていますが、レーザー治療と光治療では肌へ当てる光の種類が違います。

 

光治療はレーザー治療より幅広い波長の光を使い、皮膚を削らない方法での治療となります。削らないので痛みはありません。

 

つまり肌を削る治療はレーザー治療、削らないものは光治療と考えれば良いわけです。沢山名称のあるレーザー治療ですが、クリニックで説明を受ける際はその点を確認すればレーザー治療か光治療かがわかるというわけです。

 

 

レーザー治療での注意点

光治療は、肌を削らない治療の為、痛みもなくニキビの赤みに有効と言われていますが、レーザー治療より施術回数が多くなります。ニキビの症状にもよるかもしれませんが、レーザー治療の方が通う回数は少ないようです。

 

また、レーザー治療は肌の凹凸を無くす効果への期待ができます。

 

ただ、肌を削って皮膚の再生を促すメリットがあるレーザー治療にもデメリットはあります。肌の再生までの期間が長いのです。

 

肌の再生までかかる時間のことをダウンタイムと言いますが、その間のスキンケアをしっかりとしておかないと、肌へ色素沈着を起す可能性もあり、折角の治療が無駄になります。

 

また、施術後しばらくはメイクが出来ないので、長期の休みが取れるようにしてから、レーザー治療を行わないとメイクなしで外出をするようなことになります。

 

レーザー治療は画期的な治療法ですが、長期にわたりじっくりとニキビを治していくものなので、長いこと悩んでいて絶対直したい人や、計画的に腰を据えて治療をしようと心構えを持っている人ならば是非とも治療をお勧めしたい方法です。

 

数ヶ月程度ニキビ跡の赤みで悩んでいる状態で治療を開始したら治療の期間の方が長かった、なんてことになりかねません。

 

光治療もレーザー治療もニキビ跡の赤みで長年お悩みの人がじっくりと治す方法、と考えた方が良いのかもしれません。

 

 

レーザー治療の費用は範囲と治療期間で決まる

セルフケアよりニキビ跡の赤みに効くと言われているレーザー治療ですが、気になるのがお値段です。

 

保険適用外ですので、かなり高額になるようなイメージがありますが「ニキビ 赤み レーザー治療」で検索をしてみると思ったより高くない表示価格を見かけます。

 

実は各クリニックが提示しているレーザー治療の費用は最低ラインの表示価格です。なのでニキビ跡の赤みが少なければ、最低ラインの価格で済み、何か所も治療が必要な場合は費用が高くなります。

 

また、治療すべきニキビ跡の赤みの範囲が狭ければ費用は安く広ければ多くなります。

 

変な例かもしれませんが、スーパーで100g〜円となっているのと同じ、と考えれば良いと思います。

 

 

良いクリニックを見分けるポイント

 

ナース

 

ここまでレーザー治療の内容・注意点・費用について見てきましたが、ニキビ跡の赤みの治療で一番大事なのは、クリニックが信用できるかどうか、ですよね。

 

クリニックを選ぶ時はカウンセリングの充実しているところ、もしくは質問をしてみて自分と相性が良いかどうかで決めてください。

 

レーザー治療は腰を据えてじっくりと行う長期的な治療です。

 

1回の治療で効果を即実感というものではないので、相性の良い通いやすいクリニックを選ぶのが良いでしょう。また、ダウンタイムなどのデメリットを考えてケアのしっかりしているところ、最初にお試しをしてそのレーザー治療が合っているかどうか確かめられるクリニックなら更に安心かもしれません。

 

セルフケアに比べて費用のかかるレーザー治療なので慎重に慎重を重ねて選んでも損はしません。

 

また、病気治療中、敏感肌、レチノイン治療を受けて1ヶ月以内、レーザー治療や光治療を2週間以内に受けた、過去にヘルペスの経験がある、といった場合、必ずクリニックに相談をしてください。高い費用を支払って途中で治療が受けられないなんてことになったら大変です。

 

 

即メイクOKのレーザー治療を発見

以上様々な点からニキビ跡の赤みを効果的に直すレーザー治療を見てきましたが、治療期間に注意をして、というものが殆どでした。

 

しかし、即メイクOKのレーザー治療があり、これはオススメしたいと思ったレーザー治療を発見してしまったのです。

 

それはVビームです。

 

レーザー治療はクレーター状のニキビ跡に、光治療は赤みの気になるニキビ跡に効果があるようなのですが、このVビームのレーザー光は赤い色素に吸収される性質を持っています。その為赤みのあるニキビ跡の治療に効果があるそうなのです。

 

また、レーザーを当てることにより、ニキビの原因になるアクネ菌も殺菌する働きもある為、新しいニキビを抑える効果も期待できます。

 

それから、Vビームは肌状態に合わせパルス幅を変える、治療後の赤みや腫れが少ない、照射時間も5〜10分程度、冷却ガスを併用することで、痛みの軽減や肌へのダメージも少ない為、即メイクがOKなのです。

 

費用は1回2万〜6万と結構な出費で、治療範囲でその値段は決まってきます。定期的に通って治すことが殆どなので、顔全体を治療するような場合は3回も通えば15万円以上はかかると思ってください。

 

ただ、それを支払っただけの効果は従来のレーザー治療よりかは期待はできそうなので一番オススメなレーザー治療だと感じました。

 

 

ニキビ跡の赤みに効くレーザー治療まとめ

 

費用も時間もかかるレーザー治療ですが、長い間ニキビ跡の赤みやクレーター状の肌で悩んでいる女性には画期的な治療であることには変わりはありません。

 

ずっと悩んでいたニキビ跡がツルスベ肌に生まれ変わるなら、一度相談に行き、自分にあっているかどうか確かめてみてはいかがでしょうか。

 

 

比較的、料金が安いケミカルピーリングもオススメ

 

費用を抑えてニキビ跡・ニキビの赤みを治療したいならケミカルピーリングもオススメです。特にシーズラボでは、オーダーメイドな治療を行っているので、あなたのニキビの状態に合わせたピーリング治療を行っています。

 

物理的に肌のデコボコを削り取るクリスタルピーリングと、角質を酸で整えるケミカルピーリングを併用しているので、ニキビ跡やクレーター肌の方にも効果を期待できます。

 

また、ニキビの赤みを鎮静するイオン導入を同時に施術を行っているので、通常のピーリングよりも高い効果を実感いただけると思います。

 

ニキビ撃退フェイシャル